1月前ログ 

2022年 4月 1日

3月末から4月にかけては胡蝶蘭の最も動く季節です。
特に移動に伴う就任、昇進が多いようです。
開店祝も多くて、当店も大半が品切れました。
特にお手頃の価格帯の商品が早く無くなりました。
コロナの安堵感もあり、今まで停滞していた人事が多く動いたようです。

蕾の多い物も前倒し出荷していますので10日以後まで
咲き具合の良い物は出荷出来ません。
ショッピングカートは、10日までほぼ品切れとなっています。
蕾が多くても出荷希望の方は、メールでご連絡してください

4月1日着で札幌に発送しましたが何とか無事でした。
寒冷地へ発送も順次始めております。
寒の戻りもあるので日にち指定は余裕をもってください。

4月は春本番です。
日差しも強く少しの時間でお部屋の温度が急上昇します。
窓際に胡蝶蘭を置く場合は直射日光に当てないようにします。
お部屋の換気を十分にとって環境を良くしましょう。

本日(1日)も湿度は極端に低く、デジタル湿度計では測定限界以下でした。
花が咲いている胡蝶蘭にとって、耐えがたい環境になります。
蕾が落ちたり、極端な例では花全てが、脱水で萎れてしまいます。
10000Lx以下にしてください。
最近は安価な照度計が販売されています。

2022年 4月 15日

3月は全国的に胡蝶蘭不足でした。
通常は出荷しない5分咲の物も市場の要請で出荷しています。
その反動で現在も満足に出荷出来ません。

4月も後半になると胡蝶蘭の販売もダウンしてきます。
今年はコロナの影響もありイベントが少ないようです。
多少景気が良くなってきたのでしょうか?
母の日はアジサイが主流で高価な胡蝶蘭は敬遠されるようです。

4月は植え替えの適期です。
水苔で植えられている胡蝶蘭はすべて水苔を取り換えます。
水苔も巻き付けて植えられているので丁寧にほぐします。
実際は根を傷つけず取り除くのは不可能と思われます。
傷を付けた根は治癒せずにそこから先が壊死します。
壊死すると腐敗菌が増殖して根の環境が悪くなります。

お勧めするのは
植替えをしないでポットごと一回りおおきなプラ鉢に入れます。
不安定なので、スチロール片を3方向に差し込みます。
こうして普通に管理します。
数か月後に新しい根がプラ鉢内部に張ってきます。
来年4月にポットごと根元から切り離してバークを充填します。

最も確実な更新の方法です

ページの先頭へ