胡蝶蘭の最良のコンポスト(植込材料)とは

劣化が無く自然にやさしくて生育の良いものが理想です。

自然に学ぶ

胡蝶蘭の根

当店は趣味栽培が高じて営利栽培になりました。
近年参入した農園は、まず出荷数、金額
それから株の買い付け、生産計画、工業生産と同じ考えです。

完成株を仕入れるのでコンポストは付属品程度の扱い
生産工程上で重要な要素では無くなりました。

当店は苗から育てます。
自分のオリジナル品種を作成、育苗するので
コンポストは最も重要なアイテムになってます。

時代の流れが速く押し流されそうですが
栽培を放棄するわけには行きません。

それは趣味家の域を超えられないのかもわかりませんね。
大切な胡蝶蘭のために最良のコンポストを考えます。

胡蝶蘭の自生地は亜熱帯地方の高山
(標高1500メートル位)

昼間は木陰で涼しく、夕方から霧に覆われます。
たっぷりと根から水分を補給できます。
この良い環境に少しでも近づける必要があります。

良いコンポストの条件

1 通気性がよい(着生蘭である)
2 適度の保水性がある(霧に見立てる)
3 経年変化(物理的、科学的)がない
4 鉄、アルミなどの金属類、塩基を多く含まない
5 軽量
6 鉢との相性

広く行われている水苔を硬く巻く方法
この方法の最大の利点は水管理が楽なことです。
上部のウオータースペースを満水にしておけば
染みこんで、ちょうど良くなります。

大量生産向け。
しかし水苔は古くなると酸性が強くなり
根っ子の育ちが悪くなります。
水苔をケチって緩く巻くと過湿で根腐れを起こします。
水苔の寿命も極端に短くなります。

コンポストの良い状態は次の現象から推測。

1 根っ子が鉢中へ積極的に入ろうとする。
2 鉢底や縁から根っ子が出てこない。
3 鉢外に出ている根っ子はあまり伸びない 。
4 根は白く編状態に。(グルグル巻きは良くない)
5 茶色や白い雑菌の菌糸が無い。
6 コンポストが美しい。

鉢中の環境が悪いと根っ子は
よりよい環境を求めて鉢外に出てきます。

鉢の中の根は新しい根が無く
肥料の吸収し切れず蓄積、環境が悪くなり雑菌が繁殖
さらに悪循環に陥ります。
このような時は早く植え替えをします。

花の終わった胡蝶蘭

1 水苔栽培の物は、水苔を取り除いて植え替える
2 バーク栽培や当店のものはそのまま栽培可能です。

ページの先頭へ