胡蝶蘭の病気と害虫

はじめに

胡蝶蘭の病気は葉や根が腐ったり、枯れたりいろいろな症状が出ます。 参考書やWEB記事が書かれておりますが、実際に原因菌を見つけ出すのはとても困難です。 たとえば根が黒くなり部分的に壊死したとしましょう。 原因として考えられるのは

 ①フザリューム菌が入った  ②リゾクトニア菌(紋枯れ菌)が入った  ③傷口から腐敗菌が入った  ④害虫による食害

薬剤で対処するには原因を見つけなくてはなりません。 当園では近くに三重県の園芸試験場がありますので不審な物を見つけると、持ち込んで検定してもらいます。 ところが既に黒くなっていると既に菌糸は無くて、腐敗菌が入り込み、顕微鏡で覗くと数種のカビの胞子があり、特定できません。 特定するには、感染初期の僅かに変色した部位を見つけ出すことが必要です。 顕微鏡下で繊維のような菌糸が見えますが、リゾクトニア、フザリュームも糸状菌で個体差もあって判別できません。 その菌糸をシャーレーに取って寒天で培養し、胞子を作成して鑑定します。 このように特定するには大変な設備や時間が掛かります。 単に黒い根の写真では判断できないのです。 どのような状態のとき発生したのか、それが推測上重要なポイントとなります。 本ページでは少しずつ書き足して行きます。気長にお待ちください。

細菌による病気

細菌とは動物のごく小さいもの、カビは植物の小さいものと例える。 細菌は鞭毛を持ち、オタマジャクシのようにしっぽ(鞭毛)を動かして動き回ります。 胡蝶蘭の体内に入り込むには、傷口、気孔、葉先等の開口部から入り込みます。 感染初期は進行が遅いが目に見えるようになると、驚異的なスピードで進行します。

軟腐病

軟腐病

季節をとわず発生します、胡蝶蘭の病気中やっかいな物の一つです。 独特の腐敗臭があり、ブヨブヨで溶けるように組織が破壊されます。 詳しくは軟腐病のページで。

褐斑細菌病

カビが寄生して発症

灰色カビ病(ボトリチス菌)

低温多湿の菜種梅雨や梅雨初期、秋雨の頃に多く発生します。 詳しくは灰色カビ病で。

フザリューム

花茎枯れ病

炭素病

害虫による病変

ダニ類

ハマキ虫

カイガラ虫

ページの先頭へ