胡蝶蘭栽培における素焼き鉢とポリ鉢

素焼き鉢とポリ鉢、どちらが理想なのか考える

胡蝶蘭との相性はどちらが良いか?

胡蝶蘭栽培時、素焼き鉢は根張りが良く、ポリポットは根張りが悪いといわれます。 果たして正しいのでしょうか?

当店では、2000年前後の4年間は素焼き鉢を使用しておりました。 それ以前は水苔+ポリポット。 現在は、ポリポット+オリジナルコンポストを使用しております。 体験上、 根の生育、発生本数ともあまり差はありません。

素焼き鉢

素焼き鉢での水苔栽培

根が一杯になった時、素焼き鉢は鉢から水分、肥料を供給でき、生育はより活発になります。

素焼き鉢の最大の利点は乾きが早く、均等に乾きやすい。最大の欠点は重い事です。

素焼き鉢は平均して生育が良い

素焼き鉢はなぜ平均して生育が良いのでしょうか。 それは水苔の持つ特性で、水分と肥料分の移動が行われることです。 素焼き鉢に接している根が水や、肥料を吸収すると内部の水苔から移動して供給されます。 また余分な水分は外壁から蒸発します。

ポリポット

ポリポットは、水を浸透しないので、鉢から水や肥料成分が供給されず、根のコンポストに接触する部分より供給されるだけ。

根が一杯になり、生育スピードが落ち始めると外側に新しいミズゴケを補給する必要(鉢増し)があります。

根張りだけに限定して比較すると、両者の差は全くなく、光線があるせいか、ポリポットのほうが多いような気がします。

水苔の密度

水と肥料との移動をスムースに行うには、適度の水苔の密度が必要です。

柔らかいと繊維間に空気間隙が出来て、水の移動が出来ません。 また多くの水を吸収するので、よけいに乾かず、根が窒息します。

硬すぎると根の張るところが無くなってきます。 新鮮な水苔は水や肥料の流れが良好です。 古くなると繊維が分解され、流れ難くなってきます。

肥料残渣が溜まり、酸性が強くなってきます。 このころから急激に作落ちしてきます。

バーク植について

バーク植について説明します。 バークは基本的に粒子間に隙間があり、横方向の水の移動がほとんど出来ません。 重力的に上から下への移動のみです。

根が水や肥料を吸収しても周囲からの供給が無く、鉢の中は湿っていても、根の周辺が乾いているのです。

葉にそよ風を当ててやると生育が良くなります。 これは葉の気孔から炭酸ガスを吸収した時、気孔の周辺に炭酸ガスの濃度が低くなってきます。 これを補うために攪拌します。

特に胡蝶蘭やカトレヤなど厚葉の系統は夜に炭酸ガスを吸います) 根の場合は、このような攪拌が出来ないので、多少湿っていても、強制的に新しい水と肥料を供給する必要があります。

水の移動を少しでも行えるように、粉砕した水苔や、ピートモス等を少し加えることも考えられます。 バーク+素焼き鉢は相性が悪いので止めましよう。 光線が良く入る透明ポリのポットが良いです。

病気は手から感染する

病気の根やコンポストに接触すると、病原菌やウイルスが手に多量に付着します。 その手で水苔を取り扱うと感染します。 素焼き鉢はこの点でリスクが生じます。

総括

素焼き鉢に相性の良いのは、やはり水苔です。

胡蝶蘭はカトレヤなどに比較して、根っこの再生力が弱いです。 長い水苔で根っこを巻き込んで植え付けると、植え替えの解体作業で根を傷めます。 粉砕した粉の水苔を使用します。これを根の間に詰め込みしっかりと押さえ込み、その上に長い水苔で蓋をします。

この植え付け方法は手間がかかり農園での栽培は無理ですが、植え替え痛みの対策には特に有効です。

数の多いときは作業性から透明のポリポットの方が有利です。

ページの先頭へ