胡蝶蘭仕立ての秘密

オリジナル仕立て、作業中

作業員の前は窓ではなく姿見(大型の鏡)現物でなく姿見を見て作業

胡蝶蘭の仕立て方には次の方法があります。

開花(満開手前)→花軸(ステム)を曲げて寄せ植え→即出荷 比較的安価な胡蝶蘭の大量生産方法)

5分開花→花軸を曲げる→開花進行→満開手前→曲げた物を寄せ植→即出荷 この方法は分業、量を重視した一般的な生産方法)

5分開花→仕上げ鉢に寄せ植え、花軸を曲げる→開花進行→→花が揃ったら出荷 担当者が寄せ植えから仕立てまで1人で担当する。 バランスのとれた理想の高級品になりますが、広大なストックヤードが必要で、生産コストが上がります

寄せ植えと仕立ての方法

鉢を目前に置いて正面から作業、手の届かないところは鉢を回転する、大きい鉢は裏面に移動して花を固定する。 正面から作業をすると花に傷が付きやすい。(一般的な方法です)

当店は姿見で 写真右手奥に胡蝶蘭の鉢が見えます、これは姿見に作業中の花が写っています。 仕立て姿(鏡を)見ながら全て裏面から作業をします。 この方法は理想的ですが左右逆像で作業するため、熟練を要し、センスの良いスタッフのみ担当します。 幸いにも当店は優秀なスタッフが揃っており、各々美しく仕上げます。

見えないところが大事

しっかりと花軸を固定するために支柱が鉢中で「S」の字のように曲げられています。

一般的には、面倒なので「く」の字に曲げます。

高級品を作る一部の生産者が手動工具で1本ずつ曲げて使用。 当店では、専用機械を開発、油圧プレスで多くの本数を一挙に1行程で「S]に曲げてしまいます。 大量に作ることが出来、安価な小さい鉢の仕立てにも利用しています。 安定した形は見えないところでも差がついております。

細心の注意と、妥協のない品質への心配り、洗練された美しさはこうして作られます。

ページの先頭へ